FC2ブログ

たち花だより

現代陶芸のオブジェから日々のうつわまで、 田園調布の器ギャラリーたち花からお届けする、 新着お知らせや日々のあれこれ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

たち花だより、お引越し!

12月11日(金)、今日は新月です。
だからというわけではありませんが、たち花だよりがお引越ししました。

あたらしいサイトは こちら からどうぞ!

たち花のウェブサイトが新しいデザインになりました。
更新は、わたくしyoyo がいたします。(不安)
もともとウェブに関しては原始人でありまして、
触って覚えろ!タイプなので、遠回りをしちゃうほうです。
今度のデザイン一新は、すてきなデザインをしてくださった素敵な女性がいるのですが、
更新はわたくしが行います。
不慣れなため、更新がますます遅いかもしれませんが、
これからもどうぞよろしくお願いいたします。



今朝までの大雨と大風で、田園調布のいちょうはすっかり散ってしまいました。
そのかわり、道路が黄色いイチョウの葉のじゅうたん。
とてもきれいでした。

ichoichoicho3


スポンサーサイト

PageTop

小池頌子展 終了 そして年末へ

小池頌子さんの展覧会が無事に終わりました。
とっても素敵な作品に囲まれて、
お客様も沢山来て下さり、よい時間が流れました。

最終日には、たち花のお客様が大きな作品をお求めくださり、
それもじっくりじっくり作品と対話しながら選んでくださって、
とても喜んでくださって、
あー、このしごとは本当にいいな、と思える最後でした。
小池さんの魅力、作品の魅力、しっかりと伝わっていたのを感じました。

201511261

そして、連休明けからは作品の搬出や、買って頂いた作品の納品準備でした。
一緒にしごとをしているスタッフのひとりは、
搬入と展示の前が一番好き、と言います。
私は、展覧会中、営業時間が終わってひとりでギャラリーにいる時と
作品の搬出と納品の時が好きです。
会期中の夜は、照明を幾分落として後始末をしながら、
ギャラリーを独り占め!して、作品と一緒にいる時がワクワクします。
そして終わった後は、作品をひとつずつ包んで行く作業、
そしてお客様に無事に届くように梱包する作業などが、
ホッとして仕事締めくくる落ち着いた時間です。

なんて言っていたら、12月恒例のお歳暮のための作品が届きました。

201511262

さて、これからは黙々と梱包や出荷のシーズンです。
いつも沢山の作品を作ってくれる作家の方たちのおかげで、
現代陶芸作品がふつうの生活の中へと送り出されて行きます。
(注文して下さる注文主に大感謝!)

こんな時代だからこそ、量産品ではなく、
作家たちがその手で創り出す器を、
日常でお楽しみいただきたいと切に願います。


PageTop

小池頌子展 お花編


小池さんの作品は、オブジェ的な要素が強く見えますが,
もちろん器。
鉢、水指、花入れ、ぐいのみ、お皿、…

たち花ではこんな風に花を生けてみています。

ks11181
白のかたち  花器または水指  29×29×13cm 
194,000円(税込)共箱


お花は、白のアマリリスです。
白い花は、小池さんのイメージにぴったり。



ks11182
白のかたち  31×27×17cm   108,000円(税込)共箱


これは花弁のようなフォルムなので、どんな花が合うか小池さんと考えました。
そして、深いワインレッドの、チョコレートコスモスをいけてみました。
(ちなみに、チョコレートコスモスはチョコレートの香りがするからこの名前、
とお花やさんに教わりました。ほのかに匂う、ような気がする)


ks11184





たち花では通常のお花はオーナーが生けてくれますが、
今回は相談役にまわって。
ks11183


今日は午後から雨の予想でした。
まだ降っていませんね。
小池さんは毎日、午後はギャラリーにいらしていますので、
作品とともに、ぜひ小池さんに会いにいらしてください。
お待ちしております。



PageTop

小池頌子展

ks11171
今朝、いつもの公園に桜が咲いていました。
秋に咲く桜、その向こうに秋桜、ってちょっと面白い構図(と思うのは私だけ?)


さて、小池頌子さんの個展が始まっています。
小池さんの作品、今回はかなり大きなものを展示しています(これは非売ですが)。
作品の力強さを感じていただけると思います。
ks111711



今回のご案内状の写真はこのシェルシリーズ。
いつもの白いイメージから、色が入って黄色。
ks11178
shell ふたもの 12×12×10cm  86,400円(税込)

なんだか歩き出しそうな shell です。


新しいかたちは、楕円。
ks11173
白の形(楕円の鉢) 27×17×9cm  48,600円(税込)

楕円の鉢は、さりげないフォルムがとてもきれいです。
マットの白のたっぷりとした感じに、底に水のように釉薬が透明に溜まっています。
写真に撮ると白がうまく撮れなくてお伝えできていないかもしれませんが。


ks11172
白の形 21×21×10,5cm  54,000円(税込)

この丸さも花を連想させます。
ちょうど白い椿の花の丸みのような感じがします。


ks11176
水の形 ぐいのみ   径9cm 高4cm  21,600円(税込)

ks11177
横から見ると、茶色っぽいテクスチャーが小池さん独特。



ks11174
ぐいのみ  径8cm 高7cm  32,400円(税込)

ks11175





ks11179
白のshell 水指  24×24×15cm  162,000円(税込)

ks111710

こんな水指でお茶会はいかがでしょうか。



小池さんの作品からは「作ることが歓び!」というエネルギーが伝わってきます。
エレガントでありながら強さを秘めている。

大ベテランがこれほど情熱に溢れ、瑞々しい。
このことは、その道を目指す若い人、すでに道を歩んでいるひと、
陶芸が好きな人、たくさん見て知識があって批評する人、買う人売る人(笑)…、
いろいろな立場の人にとって、何かを感じ動かされるものがあるように思います。
(私が言うのは僭越ですけれど!)

ぜひ展覧会にお出かけください。
小池さんは、ほぼ毎日午後はギャラリーにいらっしゃる予定です。








PageTop

あしたからたち花は、小池頌子さんの個展です。
展示もばっちり終わりました。

ks12015

小池さんはたち花オープンからのおつきあいですが、
個展は2回目です。
ずーっとラブコールを続けてようやく実現。
お忙しい中、制作してくださいました。
そして大きな素晴らしい作品がやって来ました。

ks32015


ks22015


小池さんの作品は、すごく存在感がありますね。
オブジェのようでも、水指だったり花器だったりします。
そしてもちろん、サイズの小さな鉢や個性的なぐい呑みなどもあります。

会期中は無休、19時までです。
秋の気持ちよい週末、どうぞお出かけください。


ks42015

明日は夕方からオープニングパーティーです。
こちらもぜひ!

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。